個人名義の口座との違い

個人名義よりも信頼性が高い

会社を設立した際にはやらなければならないことがたくさんありますが、会社のための法人口座を開設するのもその一つです。会社を設立したからといって必ずしも法人口座を開設しなければならないわけではありませんが、個人名義の口座よりも会社にとっては大きなメリットがいくつもあります。
法人口座を開設する最大のメリットは会社に対する信頼性が高まるということです。新しく会社を設立した際には軌道に乗せるまでがとても大変ですが、新たな取引先を確保する際にも法人口座であれば信頼性が高いので交渉がスムーズに進むことが多いのです。
また、法人口座を開設することで銀行などの金融機関に対しても信頼性が高まるというメリットがあります。

個人名義よりも管理が楽で安全

わざわざ法人口座を開設するのは面倒だと感じてしまうこともありますが、個人名義の口座とは違って法人口座を開設するのはお金を管理する上でとても大切なことです。
個人名義の口座でも業務を行うことは出来ますが、その場合には会社のお金と個人のお金の境界が曖昧になってしまうことが少なくありません。自分ではしっかりと分けているつもりでも、第三者から見た場合に混ざってしまっているのではと危惧されてしまう恐れもあるのです。
会社のお金と個人のお金が混ざってしまうと取引先からの信用を失ってしまうだけではなく、税務署に目をつけられてしまう場合もあります。そういった余計なトラブルを法人口座を開設することで避けることが出来るのです。

© Copyright Easy Account Manager. All Rights Reserved.