法人口座を開設する理由

様々な取引を行うために

法人口座とは、個人で持っている口座とは異なり、口座の名義人が会社や団体といった法人であるもののことです。会社を設立した場合、どのような会社であったとしても、避けることができないものがほかの会社や個人との取引です。取引が行われなければ会社として機能していくことはできません。その取引先とお金のやり取りをする際には、特殊な事例をのぞけば、大半の場合は現金で取引することはなく、銀行口座を持って振り込みなどによって行われることとなります。会社を設立すれば、自動的に法人口座が開かれるわけではないので、企業・団体などの法人はその法人の活動内容・取引内容に合わせた口座を持つことが必要です。金融機関を見極めて法人口座を開設することが重要です。

社会的な信用性を確保するために

取引を行うためだけならば、わざわざ法人口座を開設せずに、代表者の個人の口座で行えばよいと考える人もいますが、それでは社会的な信用性を損ないかねません。もちろん、取引自体は個人の口座だけでもすることはできます。しかし、企業の中には法人口座でしか取引できない企業もあるので法人口座の開設は必要となります。また、個人の口座で企業の取引も行ってしまっては、どこまでが企業活動の取引なのかがわかりにくくなってしまいかねません。このほか、企業活動を行えば、所得税などの税金がかかります。個人口座で取引を行っていては、個人と法人との税率の計算方法の違いから、しっかりとした納税ができません。脱税を疑われ、社会的な信用を失う事態になりかねないので、法人口座は必要です。

© Copyright Easy Account Manager. All Rights Reserved.