口座を作る金融機関よる違いとは

法人口座を開設できる金融機関

企業や団体の活動のために必要不可欠となる法人口座は、様々な金融機関で開設することができます。メガバンクともいわれる都市銀行をはじめとして、地方銀行、信用金庫に信用組合、そしてネットバンク・ネット銀行などが代表的です。これらの中でどの銀行を選ぶかによって、様々な違いがあります。メガバンクは社会的信用性が高まるといったものや、地方銀行では地方でのつながりを強くすることができる、ネットバンクでは実店舗へ足を運ぶ必要性がないなどといった点です。銀行を選ぶ際に多くの人々が気にする点は、口座開設とその維持にかかる手数料がどれだけかかるのかという点です。高いところもあれば、無料のところもあるので、その他のメリットと比べて慎重に選ぶことが求められます。

サービスの違いを理解して開設する

法人口座の開設は、銀行ごとの手数料や信用性の違いなどから選ぶことも重要ですが、それぞれの銀行で行われているサービス内容の違いで選ぶことも必要です。どの銀行でも一律のサービスを行っているわけではありません。主に必要となる人気のサービスとしては、利用可能時間が長いというものやpay-easy対応、Mac対応などといったものです。ゴールデンウィークや年末年始などの利用可能時間は銀行によって異なります。これをおろそかにすると、必要な時に取引ができなくなり大きな損失へとつながりかねません。pay-easyとは税金や公共料金の支払いをパソコン上からできるというもので、あると非常に便利です。

企業などではパソコンをMacを使用していることが多いですが、銀行の中にはMacパソコンに対応していないこともあるので注意が必要となります。

© Copyright Easy Account Manager. All Rights Reserved.