口座開設に必要な書類について

開設する上で欠かせない種類

法人口座を開設するに当たって欠かすことのできない書類の中で特に重要となるのが履歴事項全部証明書になります。これは企業名や住所を始めとしたその会社に関わる情報が記載されている書類で、開設の可否を決める大事な判断材料の一つです。一昔前までは登記簿と呼ばれる紙の書類でやり取りが行われていましたが、インターネットの普及に伴って現在では電子データによって法務局で管理されています。
そのほか、見落としやすい書類として挙げられるのが身分証明証です。いくら履歴事項全部証明書で会社の実態がわかっても、手続きに訪れた人間の身元が不透明では開設の許可が下りません。運転免許証や保険証といった公的機関が発行している身分を証明する物の準備も忘れてはいけません。

用意しておくと便利な書類

開設の手続きであると便利な書類の一つが代表者印鑑証明書です。こちらは会社を設立した時に法務局行う登記手続きで使用する印鑑になります。この印鑑は実印と同じ効力を持っていて、国からの許可を得ていることを証明できる書類です。大手都市銀を始めとした一部の金融機関では提出が求められることもあるため、予め用意しておくと手続きがスムーズに進みます。
そのほか、必要になることもある書類が会社案内や開設した自社のホームページのURL、事業計画書などです。会社案内やホームページなど一見開設する上で無関係のように感じるかもしれません。しかし、金融機関がそう判断した以上はそこに質問や異論を挟まずに素直に提出すること必要です。

© Copyright Easy Account Manager. All Rights Reserved.