法人口座の概要

法人口座を開設する理由

法人口座とは、個人で持っている口座とは異なり、口座の名義人が会社や団体といった法人であるもののことです。会社を設立した場合、どのような会社であったとしても、避けることができないものがほかの会社や個…

More Info...

個人名義の口座との違い

会社を設立した際にはやらなければならないことがたくさんありますが、会社のための法人口座を開設するのもその一つです。会社を設立したからといって必ずしも法人口座を開設しなければならないわけではありませ…

More Info...

口座を作る金融機関よる違いとは

企業や団体の活動のために必要不可欠となる法人口座は、様々な金融機関で開設することができます。メガバンクともいわれる都市銀行をはじめとして、地方銀行、信用金庫に信用組合、そしてネットバンク・ネット銀…

More Info...

法人口座を開設する前に知っておきたいこと

口座開設の手続きと期間

法人口座の開設は金融機関が指定する書類を添えて口座開設申込書を提出し、審査を通過すれば可能になります。この流れは個人で口座を開設するときとあまり変わりませんが、法人口座の場合は申込書に添える書類の…

More Info...

口座開設に必要な書類について

法人口座を開設するに当たって欠かすことのできない書類の中で特に重要となるのが履歴事項全部証明書になります。これは企業名や住所を始めとしたその会社に関わる情報が記載されている書類で、開設の可否を決め…

More Info...

起業するのに必須な法人口座

法人口座は名義が会社の名前になっているものを指し、開設するには代表者が直接出向いて事業内容を説明する必要があります。

審査に落ちないための注意点とは

会社の信用が重要視される

法人口座を開設するときに知っておきたいのが登記情報です。法人登記のされている住所と会社の住所が一致していないと審査落ちをしてしまいます。法人を移転した場合移転の手続きをしていないと法人口座開設ができません。また法人そのものの実態についてもちゃんと存在しているのか証明する必要があります。例えば事業形態が明確な会社だと法人口座を開設できますが、そうでなければ開設は出来ないのが特徴です。他にもペーパーカンパニーでは法人口座開設が不可能なので、金融機関が定める資本金などの要件を満たしていないといけません。あまりに資本金が低すぎる会社だと審査基準に満たないため注意が必要です。他の審査基準として固定回線を引いているという条件があります。法人カード融資なども固定回線の有無を審査基準に入れています。

バーチャルオフィスは注意

バーチャルオフィスは住所だけを借りる事ができるサービスです。都内の一等地などに会社を置くことができますが、基本的に形だけです。物件そのものを借りるものではないので法人口座開設をするときに注意しておきましょう。バーチャルオフィスの中には法人登記できないサービスもあります。法人口座開設をするには法人登記が必須です。この部分を理解してバーチャルオフィスをレンタルすると良いです。バーチャルオフィスでも法人と事業の実態がしっかり確認されていれば法人口座の審査を通過できる可能性もあります。今バーチャルオフィスを持っている方で法人口座開設をするのなら金融機関に自身の会社の事業や実態をしっかり説明する作業が必要です。

© Copyright Easy Account Manager. All Rights Reserved.